...

コマンド

Go ソースコードをビルドして処理するためのプログラムセットがあります。 直接実行するのではなく,通常, go プログラムから実行されます。

これらのプログラムは通常, go のサブコマンドとして実行します。 たとえば, go fmt のように実行します。 適切なパッケージレベルの処理となるような引数を渡して,内部のバイナリを実行し,Go ソースコードのパッケージに作用します。

プログラムは引数を変更することなく,単独バイナリとして実行することもできます。 go tool サブコマンドを使います。例えば,go tool cgo のようにです。 多くのコマンドは主にデバッグの時に役立ちます。 いくつかのコマンド,たとえば pprof は, go tool のサブコマンドでのみアクセス可能です。

最後に,fmtgodoc コマンドは通常のバイナリ gofmt and godoc としてインストールされています。 なぜなら,よくそのように参照されるからです。

ドキュメント,呼び出しメソッド,使用法の詳細については,リンクをクリックしてください。

名前      概要
go      go プログラムは Go ソースコードを管理し,ここに載せられている他のコマンドを実行します。 使用法の詳細については,コマンドのドキュメントをご覧ください。

cgo      Cgo を使えば,C コードを呼び出す Go パッケージを作成可能です。
cover      Cover は,"go test -coverprofile" のカバレッジプロファイルを生成,解析します。
fix      Fix は,言語の古い機能やライブラリを使っている部分を新しいものを使うように書き換えます。
fmt      Fmt は Go パッケージをフォーマットします。さらに多くのオプションがある gofmt コマンドとしても使用可能です。
godoc      Godoc は Go パッケージを抽出し,ドキュメントを作成します。
vet      Vet は Go ソースコードを調べ,疑わしい部分,例えば,Printf の呼び出しのフォーマット文字列と引数が合わない等の問題を報告します。

これは短縮したリストです。コンパイラのドキュメント等,さらなるドキュメントは すべてのコマンドレファレンス をご覧ください。