...

パッケージ draw

import "image/draw"
概要
目次

概要 ▾

draw パッケージは画像合成関数を提供します。

このパッケージの入門として, "The Go image/draw package" をご覧ください。 https://golang.org/doc/articles/image_draw.html

func Draw

func Draw(dst Image, r image.Rectangle, src image.Image, sp image.Point, op Op)

Draw は, nil マスクを使用して DrawMask を呼び出します。

func DrawMask

func DrawMask(dst Image, r image.Rectangle, src image.Image, sp image.Point, mask image.Image, mp image.Point, op Op)

DrawMask は, dst 内の r.Min を src 内の sp および mp 内の mp に位置合わせし,次に dst 内の長方形 r を Porter-Duff 合成の結果で置き換えます。 nil マスクは不透明として扱われます。

type Drawer 1.2

Drawer には Draw メソッドが含まれています。

type Drawer interface {
    // Draw は, dst 内の r.Min を src 内の sp に位置合わせし,次に dst 内の矩形 r を dst 上に src を描画した結果で置き換えます。
    Draw(dst Image, r image.Rectangle, src image.Image, sp image.Point)
}

FloydSteinberg は Floyd-Steinberg 誤差拡散を伴う Src Op である Drawer です。

var FloydSteinberg Drawer = floydSteinberg{}

例 (FloydSteinberg)

コード:

const width = 130
const height = 50

im := image.NewGray(image.Rectangle{Max: image.Point{X: width, Y: height}})
for x := 0; x < width; x++ {
    for y := 0; y < height; y++ {
        dist := math.Sqrt(math.Pow(float64(x-width/2), 2)/3+math.Pow(float64(y-height/2), 2)) / (height / 1.5) * 255
        var gray uint8
        if dist > 255 {
            gray = 255
        } else {
            gray = uint8(dist)
        }
        im.SetGray(x, y, color.Gray{Y: 255 - gray})
    }
}
pi := image.NewPaletted(im.Bounds(), []color.Color{
    color.Gray{Y: 255},
    color.Gray{Y: 160},
    color.Gray{Y: 70},
    color.Gray{Y: 35},
    color.Gray{Y: 0},
})

draw.FloydSteinberg.Draw(pi, im.Bounds(), im, image.ZP)
shade := []string{" ", "░", "▒", "▓", "█"}
for i, p := range pi.Pix {
    fmt.Print(shade[p])
    if (i+1)%width == 0 {
        fmt.Print("\n")
    }
}

type Image

Image は, 1 つのピクセルを変更するための Set メソッドを持つ image.Image です。

type Image interface {
    image.Image
    Set(x, y int, c color.Color)
}

type Op

Op は Porter-Duff 合成オペレータです。

type Op int
const (
    // Over は ``(マスク中の src)overdst'' を指定します。
    Over Op = iota
    // Src は ``src in mask'' を指定します。
    Src
)

func (Op) Draw 1.2

func (op Op) Draw(dst Image, r image.Rectangle, src image.Image, sp image.Point)

Draw はこの Op を使って Draw 関数を呼び出すことで Drawer インターフェースを実装します。

type Quantizer 1.2

量子化器は画像のパレットを生成します。

type Quantizer interface {
    // Quantize は cap(p) - len(p) 色を p に追加して, m をパレット画像に変換するのに適した更新されたパレットを返します。
    Quantize(p color.Palette, m image.Image) color.Palette
}