...

パッケージ cmplx

import "math/cmplx"
概要
目次

概要 ▾

cmplx パッケージは,複素数の基本的な定数や数学的関数を提供します。

func Abs

func Abs(x complex128) float64

Abs は, x の絶対値を返します。

コード:

fmt.Printf("%.1f", cmplx.Abs(3+4i))

出力:

5.0

func Acos

func Acos(x complex128) complex128

Acos は x の逆余弦を返します。

func Acosh

func Acosh(x complex128) complex128

Acosh は x の逆双曲線余弦を返します。

func Asin

func Asin(x complex128) complex128

Asin は x の逆正弦を返します。

func Asinh

func Asinh(x complex128) complex128

Asinh は x の逆双曲線サインを返します。

func Atan

func Atan(x complex128) complex128

Atan は x の逆正接を返します。

func Atanh

func Atanh(x complex128) complex128

Atanh は, x の逆双曲線正接を返します。

func Conj

func Conj(x complex128) complex128

Conj は x の複素共役を返します。

func Cos

func Cos(x complex128) complex128

Cos は x の余弦を返します。

func Cosh

func Cosh(x complex128) complex128

Cosh は x の双曲線余弦を返します。

func Cot

func Cot(x complex128) complex128

Cot は x の余接 (コタンジェント) を返します。

func Exp

func Exp(x complex128) complex128

Exp は x の基数 e の指数である e**x を返します。

ExampleExp はオイラーの恒等式を計算します。

コード:

fmt.Printf("%.1f", cmplx.Exp(1i*math.Pi)+1)

出力:

(0.0+0.0i)

func Inf

func Inf() complex128

Inf は複素数の無限大,複素数 (+Inf, +Inf) を返します。

func IsInf

func IsInf(x complex128) bool

IsInf は, real(x) または imag(x) が無限大かどうかを報告します。

func IsNaN

func IsNaN(x complex128) bool

IsNaN は, real(x) または imag(x) のいずれかが NaN で,どちらも無限大ではないかを報告します。

func Log

func Log(x complex128) complex128

Log は x の自然対数を返します。

func Log10

func Log10(x complex128) complex128

Log10 は x の 10 進対数を返します。

func NaN

func NaN() complex128

NaN は複素数の “非数” 値を返します。

func Phase

func Phase(x complex128) float64

Phase は x の位相 (argument とも呼ばれます) を返します。 戻り値は [-Pi, Pi] の範囲です。

func Polar

func Polar(x complex128) (r, θ float64)

Polar は, x の絶対値 r と位相 θ を返します。 つまり, x = r * e**θi です。 位相は [-Pi, Pi] の範囲です。

コード:

r, theta := cmplx.Polar(2i)
fmt.Printf("r: %.1f, θ: %.1f*π", r, theta/math.Pi)

出力:

r: 2.0, θ: 0.5*π

func Pow

func Pow(x, y complex128) complex128

Pow は, y の底 x の指数である x**y を返します。 math.Pow との一般的な互換性のために:

Pow(0, ±0) は,1+0i を返します。
real(c)<0 の場合, Pow(0, c) は,imag(c) がゼロの場合は Inf+0i を返し,それ以外の場合は Inf+Inf i を返します。

func Rect

func Rect(r, θ float64) complex128

Rect は極座標 r, θ を持つ複素数 x を返します。

func Sin

func Sin(x complex128) complex128

Sin は x の正弦を返します。

func Sinh

func Sinh(x complex128) complex128

Sinh は x の双曲線正弦を返します。

func Sqrt

func Sqrt(x complex128) complex128

Sqrt は x の平方根を返します。 結果 r は, real(r) ≥ 0 および imag(r) が imag(x) と同じ符号を持つように選択されます。

func Tan

func Tan(x complex128) complex128

Tan は x の正接を返します。

func Tanh

func Tanh(x complex128) complex128

Tanh は x の双曲線正接を返します。