...

パッケージ user

import "os/user"
概要
目次

概要 ▾

user パッケージは,名前や id でユーザアカウントを検索できるようにします。

ほとんどの Unix システムでは,このパッケージはユーザ ID とグループ ID を名前に解決するための 2 つの内部実装を持っています。 一つは純粋な Go で書かれ, /etc/passwd と /etc/group を解析します。 もう 1 つは cgo ベースで, getpwuid_r や getgrnam_r などの標準 C ライブラリ (libc) ルーチンに依存しています。

cgo が利用可能な場合, cgo ベース (libc-Backed) のコードがデフォルトで使用されます。 これは,純粋な Go の実装を強制する os ユーザ go ビルドタグを使用することで上書きできます。

type Group 1.7

Group はユーザーのグループ化を表します。

POSIX システムでは, Gid はグループ ID を表す 10 進数を含みます。

type Group struct {
    Gid  string // グループ ID
    Name string // グループ名
}

func LookupGroup 1.7

func LookupGroup(name string) (*Group, error)

LookupGroup は名前でグループを検索します。 グループが見つからない場合,返されるエラーは UnknownGroupError 型です。

func LookupGroupId 1.7

func LookupGroupId(gid string) (*Group, error)

LookupGroupId はグループ ID によってグループを検索します。 グループが見つからない場合,返されるエラーは UnknownGroupIdError 型です。

type UnknownGroupError 1.7

UnknownGroupError は,グループが見つからない場合 LookupGroup によって返されます。

type UnknownGroupError string

func (UnknownGroupError) Error 1.7

func (e UnknownGroupError) Error() string

type UnknownGroupIdError 1.7

UnknownGroupIdError は,グループが見つからない場合 LookupGroupId によって返されます。

type UnknownGroupIdError string

func (UnknownGroupIdError) Error 1.7

func (e UnknownGroupIdError) Error() string

type UnknownUserError

UnknownUserError は,ユーザーが見つからない場合, Lookup によって返されます。

type UnknownUserError string

func (UnknownUserError) Error

func (e UnknownUserError) Error() string

type UnknownUserIdError

UnknownUserIdError は,ユーザーが見つからない場合 LookupId によって返されます。

type UnknownUserIdError int

func (UnknownUserIdError) Error

func (e UnknownUserIdError) Error() string

type User

ユーザーはユーザーアカウントを表します。

type User struct {
    // Uid はユーザー ID です。
    // POSIX システムでは,これは uid を表す 10 進数です。
    // Windows では,これは文字列形式のセキュリティ識別子 (SID) です。
    // Plan 9 では,これは /dev/ ユーザの内容です。
    Uid string
    // Gid はプライマリグループ ID です。
    // POSIX システムでは,これは gid を表す 10 進数です。
    // Windows では,これは文字列形式の SID です。
    // Plan 9 では,これは /dev/ ユーザの内容です。
    Gid string
    // Username はログイン名です。
    Username string
    // Name はユーザーの本名または表示名です。
    // 空白かもしれません。
    // POSIX システムでは,これは GECOS フィールドリストの最初の (または唯一の) エントリです。
    // Windows では,これはユーザーの表示名です。
    // Plan 9 では,これは /dev/ ユーザの内容です。
    Name string
    // HomeDir は,ユーザーのホームディレクトリへのパスです (ホームディレクトリがある場合) 。
    HomeDir string
}

func Current

func Current() (*User, error)

Current は現在のユーザーを返します。

最初の呼び出しは現在のユーザー情報をキャッシュします。 それ以降の呼び出しではキャッシュされた値が返され,現在のユーザーに対する変更は反映されません。

func Lookup

func Lookup(username string) (*User, error)

Lookup は,ユーザー名でユーザーを検索します。 ユーザが見つからない場合,返されるエラーは UnknownUserError 型です。

func LookupId

func LookupId(uid string) (*User, error)

LookupId はユーザー ID でユーザーを検索します。 ユーザが見つからない場合,返されるエラーは UnknownUserIdError 型です。

func (*User) GroupIds 1.7

func (u *User) GroupIds() ([]string, error)

GroupIds は,ユーザーがメンバーになっているグループ ID のリストを返します。